分譲マンション管理業務

私たちが力になります

無駄な工事が多い

管理組合が工事の必要性を見極めるのは困難かもしれません。

管理会社の営業担当(フロント)には、工事ノルマが課せられています。全ての管理会社でないと思いますが、自社で工事を請け負うような管理会社に多いケースです。この場合、営業担当は管理組合の立場と管理会社の立場が共存し、お客様に対して安くて良い工事を行うことと会社に高付加価値の利益をもたらすことの矛盾が生じます。
自社で工事を請け負うような管理会社であっても、実際は下請け業者に丸投げするケースが多く、構造的な中間マージン体質が伺えます。また、自社で受注しない工事であってもバックマージンや手数料によって利益が生まれるのです。

最も重要な問題は、営業担当が工事ノルマに迫られ、本来であればまだ補修を必要としない設備であってもあたかも必要であるがごとく提案してくるような事例があることです。
管理組合が工事の必要性を見極めるのは困難かもしれません。また、工事の発注を安易に行っているケースも否めません。これら無駄な工事費を管理組合が支払うことでフィルタ一が掛かっているようですが、元を辿れば皆様の管理費、もっといえば皆様の財布から支払っているのです。

クローバー管理の安心宣言

当社は毎年、契約の更新を行います。

弊社では、ご契約の際に中間マージンをいただかないことを宣言しています。そのため営業担当には工事ノルマがありません。そこにあるのは、必要な工事を必要な時期によりよい方法で提案することだけです。
そのため、営業担当は会社の付加価値などに気をとられることなくお客様(管理組合様)の立場に立つことができるのです。

マンション管理のお悩み、ご相談ください。マンション管理士の資格を持った経験豊富な弊社スタッフが、分譲マンションに関する様々なご相談にお答えしています。素朴な疑問や質問、またはトラブルの解決方法など、お気軽にご相談下さい。電話でのお問い合わせは、0120-401-968 メールでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP

管理会社の変更をご検討の方へ よくある質問と回答を掲載しております。 お客様の声 分譲マンションサポート業務 資料請求 歴史から求人まで

クローバー管理 分譲マンション管理のトータルプランナー

マンション管理業登録
国土交通大臣(3)第092537号
福岡市中央区桜坂3丁目11-65
クローバー管理本社ビル
TEL
092-724-0968
FAX
092-724-6968
info@968kanri.co.jp